キャッシングの仕組みがあまり

皆さんノリが良かった! ソウル・デトネイターを前回遊んだ時もそうでしたが、相当な妄言を吐き散らかしても、逆にチップが飛んでくる始末です(笑)。考えていることをつい口に出してしまう真面目な警察官、アイドルユニットを組んでデビューを目指している外国人JK、バイクに乗ってデュエルする遊戯王的デュエリスト。これだけ個性豊かなメンツなのに、物語が破綻しなかったんですからすごい。

システムに慣れていない人間から、敢えてお願いするとすれば、「サンプルキャラの説明をもっと詳しく聞きたかった」、でしょうか。呼び名(いまどきの魔法使い)やクラス名(ウィザード、サイキック、シンガー、アーマードなど)だけでは、どんな傾向で何が得意なキャラなのか、キャッシングの仕組みがあまりよくわかりません。たとえ慣れている人同士で遊ぶとしても、キャラスペック(得手不得手)の説明は、省くべきではないと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ