いざキャッシングだ

今シーズン、タイガースはよく走った。

チーム盗塁数はリーグトップの100だった。

対してベイスターズのチーム盗塁数は40。

近本選手ひとりの数字とほぼ同じ数だ。

この、ランナーが与える重圧が、リリーフ陣を追い詰める。

足のスペシャリスト植田選手が、勇気を出して走った。

あの盗塁が勝敗を分けた。

あの赤星さんも、盗塁に必要なものは走力や技術以上に勇気だと言っていた。

強い勇気を持って、いざキャッシングだ

レギュラーシーズンを、6連勝で終えたタイガース。

その最終戦で、勝率5割と3位を決めた。

今日から2位のベイスターズと、クライマックスシリーズで激突。

短期決戦は、何が起こるかわからない。

シーズンで活躍した選手が、そのまま活躍するとも限らない。

シーズン終盤で抜群の安定感を誇った、西投手が先発。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ