見逃せない育毛情報局

見逃せない育毛情報局

「見逃せない育毛情報局」では育毛に関する情報をお届けしています。
男性も女声も見逃すことの出来ない育毛情報に注目しよう。最近では若はげと呼ばれている若い世代の薄毛が非常に目立ちます。
これは、欧米の食文化が日本に浸透してきたのも原因であり、やはり栄養バランスのとれた和食に戻す必要があります。
身体の悩みというのは誰もが持っているもので、中でも髪の毛の悩みは頭を抱えてしまうことでしょう。
薄毛の場合、帽子を使用して隠そうとしている人もいますが、それは逆に進行を早めてしまうこととなるのです。

 

様々なメーカーから育毛剤が販売されていますが、どれを選んでも効果があるというワケではありません。
自分の髪の毛の質や進行状況などを考慮した上でこのような薬品を選ぶ必要があります。

 
 
fx デモトレード
fx デモトレード
http://fxdic.sakura.ne.jp/demo.html

レーシックへ
レーシックは
http://lasik-news.net/

品川近視クリニック レーシックの最新情報
品川近視クリニック レーシックにおまかせ
http://lasik.jpn.org/shinagawa.html

イーモ 脱毛
イーモ 脱毛
http://datsumou.jpn.org/emo.html




見逃せない育毛情報局ブログ:2015-5-29
5歳から6歳という脳の臨界期に、
我がお子さんに対して「お前は天才である!」と
言いきってしまうのが望ましい。

お父さんから
「お前は天才である!」と言われると、
お子さんは自分を天才と思うようになり、
脳のシナプスを最大限増やすことが可能になる。

脳の臨界期は限られた期間しかないので、
ここで言っておかないと脳のシナプスを
最大限増やすことはできない。

そもそも天才は天与のものであって、
お父さんが言った所で天才になるわけがないのだ。

でもお父さんが我がお子さんを天才だと思うことは
決して悪いことではない。

お父さんが「お前は天才だ!」と
言いきってしまうことは、
お子さんの脳の成長には非常に有益なのである。

冷静に考えれば、
我がお子さんが天才であろう筈がない。

しかしお子さんが何かをしてきて、
それに対してお父さんが大袈裟に褒めまくり、
天才だと断言してしまえば、子供の脳に劇的な変化が起こり、
我がお子さんを天才と仕立て上げることが可能になるのだ。

ところが
大方のお父さんたちはそれをしない。

我がお子さんの些細なミスを見つけ出し、
それを叱りまくるということを仕出かしてしまう。

5歳や6歳だと
お子さんはお父さんと会話がきちんと成立するので、
お子さんを小さな大人とみなしてしまい、
それでお子さんの欠点を突きまくる。

お父さんが余りお子さんと接触し過ぎることが非常に危険なのは、
お父さんが育児をし過ぎる余りに
両親馬鹿になってくれなくなってしまうからである。

お父さんは仕事に専念し、
僅かな時間だけお子さんに接するからこそ、
お子さんの成長が大きな変化に見えて、
物の見事に両親馬鹿になってくれるのである。

だからこそ日々の育児は
絶対にお母さんがすべきなのだ。


ホーム サイトマップ
見逃せない育毛情報局 モバイルはこちら